番外編2:禁煙のススメ
スポンサードリンク


いくら、オススメしたところで、こればっかりは、なかなか、難しいもんです。
それは、正直思う。
私は、胆石症で入院した時から、禁煙し始めたのであともう少しで1年になるが、お酒を飲んだ時などは、まだほしくなることがある。

そんな時はいつもこう考えている。たばこを止めた事でいかに自由に、そして手に入れる事が多いかという事である。

たばこを止める事で得をする事。

・たばこによる事故(火傷、火事)が無くなる。
・小銭の心配をしなくて良い。
・ライター有無の心配をしなくて良い。
・灰皿有無の心配をしなくて良い。
・たばこにかかる費用。
・自分の健康。
・周りにいる人の健康。
・吸えない場所でイライラしなくて良い。
・今後の愛煙家への風当たりの強さを気にしなくても良い。
・作業等が、たばこを吸う事で中断しない。
・家や車内が汚れない。
・微妙な味がわかるようになるので食事がうまい。
多分、人によっては、もっといっぱいあるかもしれない。

スポンサードリンク

では、吸う事で得をする事はあるのだろうか?
・考えがまとまる。アイデアが出る。(これは錯覚である。禁断症状が和らぐのでそう思うだけである。)
・お酒がうまくなる。(これも、理解出来るが錯覚である。)
・禁煙しないので太らない。(これは、禁煙の方法を変える事で改善できる。)
どうだろうか?他にもあるだろうか?

はっきり言って、今は禁煙するのに丁度良いタイミングではないだろうか?
1日1箱消化する事で、年間で10万円以上の出費になるのである。毎年、そこそこレベルのパソコンが1台買える費用だ。
世間の風当たりは、年々きつくなるのは間違いない!
あまり、説得力のある文章を書けなくて残念だが、どうだろうか?そろそろ、たばことサヨナラしてみないですか?

はじめて、吸った時の「あの不味さ」を思い出してほしい。そして、止める事によって得られる事の多さを、もう一度考えてみようではないか?
人それぞれの、価値観の問題はあるが、参考意見として一度考えていただけたら幸甚である。


スポンサードリンク


「番外編:胆石症について」戻る 「俺の更年期」HOMEへ 「男性の更年期障害って?」へ 
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO