男性の更年期障害って?
スポンサードリンク


男性の更年期障害は、つい最近の医学界においてもあり得ない現象として考えられていたそうです。
近年、マスコミ等で取り上げられる機会が増える事により社会的関心が徐々に高まり、はらたいら氏の「はらたいらのジタバタ男の更年期」が出版され、一気に注目が集まる事になったそうである。
私自身もこの本と出会いがなければ、もしかしたら未だに悩み、恐れ慄いていたかもしれません。

男性の更年期障害は、早い人では40歳くらいからはじまり、45歳から50歳くらいの間にもっとも多く見られるそうです。おもな原因は、更年期のホルモン現象が原因と言われています。

つまり、卵巣ホルモンの「エストロゲン」が女性に更年期障害を発症させるのと同様、男性の場合は精巣ホルモンの「テストステロン」が更年期障害を発症させるとされています。
この「テストステロン」の値が中高年を迎える時期に低下する事で自律神経や泌尿器系にさまざまな症状があらわれるのです。
もちろん、人によって「個人差」があり、誰もがこの症状を経験する訳ではありません。時間をかけて低下した場合は、症状が軽く、自覚症状が少なく済む方も沢山いらっしゃるでしょうし、逆に一気に低下する場合に私のような症状が出てくるようです。
                                       
スポンサードリンク


又、更年期障害を発生させ易いタイプがあるらしく、おおむね神経質な人、細かい仕事(事務系)をしている人やストレスに弱い人等に多く見られるそうです。
男性更年期障害で顕著なのは、セックスヘの興味の減退と、性的能力の低下です。
ただし、勃起不全・勃起障害は非常に広く見られる病気で、その原因は更年期障害であるとは限りません。
まだまだ、この男性の更年期障害自体の研究が発展途上である為、はっきりした結論がだせないようですね。

男性機能の障害に関しては、他にも沢山の理由が挙げられますので、しっかりした検診が肝要だと思われます。では、全般的な男性更年期障害の対策はどんなものがあるのでしょうか?

残念ながら、特効薬的存在は今のところなく、やはり、行き着くところは、規則正しい生活の中での「食生活」と「適度な運動」になってしまうようですね。
とにかく、更年期障害は、時間が経てば必ず症状が治まってきます。あまり深刻に考えることなく、生活習慣の見直しやちょっとした工夫で、上手に更年期を乗りきる気持ちが大切なようです。
スポンサードリンク


「俺の更年期」HOMEへ 次へ
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO